11月30日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

私は百万円で、私を売りました。

驚くほどしょぼいプロポーズでした。

貯金が百万円ある大学生、それを言われたとき彼にはそれしか売りがないのかと思いました。

あまり面白いギャグではないと思ったけど、付き合うことにしてあげました。

疲れちゃったから。

ほんとは彼より私のことを好いてる人がいるのは知ってます。

その人がずっと機会をうかがっていたことも知ってるのです。

でも、もう待ちくたびれてしまいました。

「運のない人」そう思いながら私は笑っています。

私は百万円で、私の恋を売りました。

※この物語はフィクションです

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    (水曜日, 19 12月 2018 07:00)

    待ちくたびれてしまった女の子。もしかしたら本当は走り出せない理由なんてなかったのかもしれないのに、切ないです。