11月27日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

鬼は考えていた。

自分は、間違っていたのだと。

自分が間違っていたから、退治されるべき存在になってしまったのだと。

厳しさは、生徒のためだった。

厳しい指導に弱音を吐いていた生徒が、最後には喜んでくれる姿を、鬼は何度も見てきていた。

「あれも嘘だったんだな」

正義の味方は鬼を退治して去っていった。

「あいつらが喜んでいたのは、俺の勘違いだったんだな」

退治された鬼にも朝が来る。

ただ自分を邪険にする家族を養うため、次の仕事を探すのみである。

※この物語はフィクションです