11月3日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

僕はダメな人だ。

要領が悪くて仕事も出来ない。

だからといって性格が良いかと言ったらそんなこともなく、ダメな人として生きている。

生きていることに抵抗があり、他の人類に対して深い嫉妬を持っていて、どうしようもないタイプの人間だ。

恨めしい人を殺してやりたいとも普通に思うし、嫌いな街を火の海にしてしまいたいと思うことだってままある。

それを実行に移さないのは僕の凡人さが関係していると思う。

僕には趣味があって、その趣味で褒められることもあって、その言葉を心の支えにしている。

心の支えなんてなければ、気が向いたときに死んでしまえたかもしれないと思うこともある。

けれども僕はまだこうやって生きているのだ。そんな僕を貶すやつは貶せば良いのだと思う。

どうせダメな人なのだから、貶されたって変わるようなダメさではない。

※この物語はフィクションです