10月25日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

学生時代の写真を見つけた。

学生時代の俺が写っていた。

友人から電話が来て、久しぶりだなと言って笑った。

一緒に買って読んだ本の記憶が、お互いに食い違ってしまった。

彼は深刻そうな声で、生活費に困っていると言う。

明るかった彼には似合わない話題だと、思った記憶を確かめる相手はいない。

電話を切ってから、なぜ貸してやろうと言えなかったのか不思議になった。

出世払いなんて、期待してないことの言い換えじゃなかったのか。

少し昔に聞いていた音楽を流した。

あの日の俺はもういない。あの時の物語はもう書けない。

※この物語はフィクションです