10月24日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

背中から羽が生えた。

前から鏡に写しても見えないくらいの翼だから、私の思いってこのくらいのものなんだと思った。

通勤快速に乗りにくくなっただけだと、思った。

今日は映画を見るために有給を取っていたので、満員電車には乗らなくて済む。

彼からの誘いのメールにはこう返信した。

「一週間前に駅前で借りてきた映画が、今日中に見ないと延滞してしまう」

その程度の翼だったのだ。飛べるようになるはずなんてない。

この時期は風も冷たいし水も冷たいよ。

そんなこと、言う必要はない。

生えてしまった羽のことも、特段彼に話そうとは思えない。

※この物語はフィクションです