9月13日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

あなたへの思いは心臓に残ったまま。

そんな自分を抱えて街を歩く。

すれ違う人々それぞれの心臓に、それぞれの思いが籠もっているらしい。

雑踏の中にいると、私の中のあなたさえ埋もれてしまいそうになる。

明かりの照らす街の中は、誰かを感じない、一人の世界。

凍ったような街角は、私一人だけ取り残されてしまったみたいだ。

あなたに会えるはずがなくて、誰にも会えるはずがなくて、少し落ち着く。

きっと、あなたのことは嫌いだったんだ。

会いたくないのに思い出していたいから。

今日も私は夜を散歩する。

※この物語はフィクションです