7月25日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

ビルの隙間から見える空は、今日も青かった。

きっと、今日が終わっても、夏が終わっても、今年が終わっても、晴れた日の空は青いままだ。

青い空を見られる誰かと、青い空を見られなくなった誰かがいるだけで、空が青いのは変わらない。

町中の至る所から警告音が鳴り響く。

この都市の命がもう長くないことを知る。

明日の空が青いことを知る君は、あと数秒で消えるこの町とこの数々の命を知ってもなお生きる。

僕の顛末を知って、君は悲しむかもしれないし、なんとも思わないかもしれない。

明日、空が青かったら、明後日、空が青かったら、一週間後、一ヶ月後、一年後、十年後、空が青かったら。

少しだけ諦めて、あと数日だけ生きて欲しい。

誰かが祈った僕の生を、今度は僕に祈らせてくれ。

※この物語はフィクションです