7月23日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

あの人は最低な人だった。

いつも小汚い服を着ていて、甘いものが大好きな、子供みたいな人。

初めてのデートの時、真夏なのにだだっ広い公園に連れて行かれた。

夕立に逢って、小さな折りたたみの相合い傘で、二人ともびしょびしょに濡れていた。

それでも楽しそうに笑うあの人の顔を見ると、どうでも良くなってしまうのだった。

「それが恋ってやつだよ」

記憶の中であの人が偉そうにふふんと鼻を鳴らす。

「ほら、君も笑ってる。それが恋だ」

目の前でアイスコーヒーを飲み干すあなたに、彼の話をしたらきっとふてくされるんだ。

そんな姿を想像しながら笑う私は、きっと恋をしているんだよ。

※この物語はフィクションです