7月11日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

穴を掘るだけの日々が続いている。

明けない夜はないなんて、誰が言ったんだろう。

土の中を照らす太陽はない。

「太陽がないなら、作れば良いじゃないか」

無責任な誰かが、言うだけ言った言葉だが、そいつが今何をしているかは知らない。

昔の人は、強すぎる光に怯えて土の中で生きることを選んだ。

その光に照らされて死んでしまうなら、その方が良いのかもしれないと、今の俺は思える。

誰も土の中から出ようとはしない。太陽を作ろうとなんて、これっぽっちも思わない。

ただ、死なないように深い深い穴を掘っている。

夜明けを照らす光が、来る日を待ちわびながら。

※この物語はフィクションです