7月8日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

白い服が、汚れるのは嫌だって、あれほど言ってたよね。

そんなに汚しちゃって悪いなあと思う。

こんな時なのに、思い出せるのがそんなことで。

僕が君の白いシャツに醤油を飛ばしたことくらいしか、思い出せなくて。

あのときはまだ出会ってから半年も経ってなかったんだ。

ぼくがいくら謝って、クリーニング代を出そうとしても、君は暗い顔のままいらないってくりかえした。

ぼくはいまだに悪かったなあとおもってるんだ。

だからさあ、もう泣くのはやめておくれよ。

「もうそれ以上しゃべらないで」

ああ、また血がつくのに、そんなに、抱きしめて。

※この物語はフィクションです