7月1日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

夏、新興宗教。

花火に興じる若い男女の絵を、新手の宗教画として見るのはどうだろうか。

「夏には刹那的に楽しめ。そうでなくては夏ではない」という啓蒙じみた態度が透けて見えるのだ。

その思考が少数を救い、大勢を苦しめていることに人々は気づきもしないだろう。

夏を正せ。

楽しいだけが夏なら、どうして今苦しんでいる?

一瞬の煌めきだけが夏なら、どうしてこの苦しみは終わらない?

夏を正せ。

苦しみに終わりはなく、元より夏も四分割された一年の一部に過ぎない。

火薬のにおいが鼻に刺さった。

※この物語はフィクションです