6月26日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

日が伸びて、日没が遅くて、それだけ。

話題にしようとも思わない。

今の僕らに、当たり障りのない会話は要らない。

僕が速く歩けないのに、君は気づかず行ってしまう。

僕は引き留める言葉を持たない。

きっと、ここまでずっと前振りだったんだ。

僕を見限った君が、どんなに僕がひどいやつだったかを次に会う人に話すためのプロローグ。 

僕が君を追いかけなかったこと、僕のせいにすればきっと楽しいよ。

君が角を曲がって、見えなくなって、それだけ。

僕が角を曲がるのをやめて、手前の本屋に入って、それだけ。

※この物語はフィクションです