6月24日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

どうやら僕は心臓という言葉が好きなようで、言葉に迷ったときはことあるごとに心臓と打ち込んでいる。

心臓が痛むとか、心臓の鼓動に合わせてとか、心臓を貫かれるようなとか、まあ心臓関連の単語が増えた。

小さい頃、僕の心臓はどこにあるかすぐ分かった。

肋骨の奥でヒクヒクと動くのが見えたから、そこにあるんだってすぐに分かった。

僕は頻繁に鼻血を出すから、血液に対する耐性もそれなりにある。

思いっきり作ったようなグロ画像は苦手だけれど、手術の様子なんかは苦もなく見ることができる。

僕は自分が人間であることを実感している。

生きている誰かの姿があまり人間に見えないのは、その人が自分と異なるからなのかもしれない。

人間らしくない人の方が好きになるのは、自分と異なる人を無意識に求める遺伝学的習性なのかもしれない。

僕は自分が人間であることを実感している。

※この物語はフィクションです