4月9日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

花びらは、一枚一枚散っていく。

その一枚一枚に優劣はない。

それぞれが集まって、大きな桜の木になる。

一枚一枚が意識される事はない。

中途半端では生きられないような才能を得た私。

この程度の努力では、この程度の才能では、生きていく事は到底できない。

私の涙の代わりに、目の前の桜が落ちてくれているようだ。

カンバスに落ちた一枚の花びらを、丁寧に丁寧に描いていく。

一枚一枚すべてに意識を向ける事ができなくても、せめてこの花びらだけは大切にしてあげたい。

いつかこの絵を見た人が、この花びらを大切にしてくれたら。

※この物語はフィクションです