4月4日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

すべてを染め上げる茜色に、例外はないようだ。

それは薄紅色の花も例外ではないという意味だ。

青空の下の満開の桜は、正義、平和、公平、様々なイメージさえ想起させる模範的風景である。

子供たちの賑わうその木の下は、次第に子供が減っていく。

春特有のくすんだ青空は、いつしか茜色に変わっている。

模範的風景は、たちまち震えるほどの芸術に変わる。

燃えるように輝くその木は、夕暮れのその瞬間だけ生命を感じさせるのだ。

それがどうも目に焼き付いて、私には忘れる事ができない。

優等生の本当の気持ちを知ってしまったときのように。

親友の隠していた秘密を知ってしまったときのように。

※この物語はフィクションです