2月20日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

桜を見ると、胸を締め付けられるのはなぜだろう。

あの薄桃色の花が空を覆い尽くすのを見ると、なんだか魔法を見せられているように感じるのだ。

私には、絶対に届かない美しさ。

その輝きでさえ、一週間も経てばなくなってしまう。

大学の入学式の写真を見せられて、「ああ、またいつかなくす輝きを与えられるんだ」と思ってしまった。

なくなってしまう輝きは、中途半端な輝きは、目の前でちらついて邪魔なだけじゃないか。

一瞬感じるだけの楽しさなんて、気持ちが惑わされるだけで馬鹿みたいだ。

楽しいと感じてしまうから惑わされている。

美しいと感じてしまうから胸を締め付けられる。

あとひと月もしたら、桜が咲いて、また散っていく。

※この物語はフィクションです