1月17日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

今日は何を食べようか。

そう問いかけられる今日が眩しい。

元気に好きな食べ物を叫んでいた私は、そう言えなくなる日が来るなんて、予想はしてたけど想像できなかった。

一人で出来合いのお弁当を食べる私は、日々を食べていくことしか考えていなかった。

誰かの好きなものを考えながら買い物をすることなんて、できると思っていなかった。

大きなビニール袋二つを二人で一袋ずつ分けて持つ。

夕日にできた影が無性に嬉しくて、手を繋いでみたりする。

横を向くと真っ赤に染まった君がいて、私もちょっと恥ずかしがってみる。

「手袋、しないほうが暖かいかも」

二人で手袋を取って、素手で繋いでみたりする。

※この物語はフィクションです