1月15日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

友人からでかいダイヤの付いた指輪を貰った。

不倫していた元夫から昔貰った結婚指輪で、私が勝手に売ってお金にしていいらしい。

リングの裏にはイニシャルが彫られていて、なんだか変な気持ちになった。

永遠を誓った二人の証が、全く関係のない私の手元にある。

壊れてしまった永遠の後に、象徴だけが残されてしまった。

この文字が彫られたときには、そんなこと誰も想像してなかったのに。

なんとなく、彫られた文字を舌でべろりと舐めてみた。

金属の味しかしなくて、少し後悔する。

私だけは、この未来を予想していたかもしれないと奇妙な感傷を覚えるが、それは予想じゃなく期待だったと気づく。

私が一瞬でも望んだ、壊れた永遠の象徴を、お金にしてしまうのはもったいない気がして、ポケットに入れた。

※この物語はフィクションです