1月11日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

久しぶりに聞いたストラトの音は、前ほど痛くなかった。

思い出なんてそんなものだ。

君に聞かされたときは脳みそが溶けるほど魅了された音。

君に嫌われてからは耳が弾けそうなほど痛かった音。

その音が、今はどうだろうか。

君はひどい人だった。

自分の趣味を押し付けて、勝手に約束して勝手に破って、私の感情なんてお構い無しで。

でもきっと、私も君に、最低最悪な女だと思われてる気がする。

お互い様だと思えないのもお互い様だった。

歪んだ気持ちの代わりに、音量を上げて、雑音をすべてかき消して。

※この物語はフィクションです