9月15日 今日のエモい情景

【今日のエモい情景】

漫画とかでよくあるあのシーン。

小説家が書いてた原稿をくしゃくしゃにまるめてゴミ箱に投げるあのシーン。

きっと素晴らしいものを作るために試行錯誤しているのだと、子供ながらに僕はそう思って納得していた。

今、僕は自分の原稿を目の前にそのシーンを思い出している。

この話では、この筋書きでは絶対にうまくいかないことがわかっている。

それでも、登場人物の、僕の脳内で生きている彼の苦悩が、何物にも代えがたい苦悩が、その紙の上にはあった。

書き直したときに、この紙の上にあった彼の悩みは、どこに向かうのか。

僕の脳内で消えていくのだろうか。

あの小説家は、空想の中の小説家像は、こんなにも悩みながら原稿を丸めていたのか。

僕は苦悩を丸めてゴミ箱に投げた。

※この物語はフィクションです